| 

弁護士の仕事(1)

弁護士と言うと、テレビや映画などでよく見かけるせいか法廷に立って法律を武器に被告人や原告を弁護するだというイメージを持っている人が多いかと思います。確かに裁判も弁護士の主な活動の一つですが、法定内外を問わず身近な民事事件から、マスコミが騒ぐような大きな刑事事件まで弁護士の仕事は多岐に渡ります。

民事事件というと、個人や企業などが自分の財産や権利などをめぐって争うものであり、例えば相続問題や離婚、親権問題、土地の境界問題、借金問題など実に様々な事件があります。そして刑事事件というと、罪を犯した人間に対し、有罪か無罪か、またどのような処罰を与えるのかを決めるものです。

弁護士の業務というと、まず依頼のきっかけとなる法律相談が挙げられます。多重債務や不動産に関する紛争など、先に挙げたような法律が絡むような民事に絡む困り事に対し、相談を受け適切なアドバイスを行います。

更に、例えば身に覚えのない支払い請求に困っている場合など当事者間では解決が難しいトラブルに関しては、必要に応じて弁護士は代理人として法的な内容を記した書面を相手方に送付する内容証明郵便の作成を行います。

そして、それでも話がまとまらないなら代理人として相手方と直接交渉、つまり示談交渉を行います。示談がうまくいくと、後日紛争にならない弁護士や相手方との約束を書面していきます。






相続対策で争いにしないようにするには相続税の申告などの手続きについてしっかり方向を考えることです。相続税対策についての問題解消はこのように考えることが大切です。相続税対策は工夫が必要です。相続や生命保険についてはどの資産家の家でも資産移転に当たって簡単な問題ではありません。問題が生じないように進めることについて早めに相続税対策をしておけば意外にスムーズに解決したりします。-